年忘れ&歌い納め大合唱会2019〜埼玉公演「特別プログラム」

2019年12月3日(火)さいたま市文化センター 大ホール、年忘れ&歌い納め大合唱会2019埼玉公演で、童謡コーラス指導員らによる男声合唱、藤原歌劇団特別協力による女声合唱、さらにはみんなの管弦楽団(オーケストラ)によるスペシャル編成で、特別プログラムが行われました。

さぁいよいよ始まりました童謡コーラス年忘れ&歌い納め大合唱会、今年は埼玉県、さいたま市文化センターからスタートです。

四季折々の名曲を会場客席ステージにて大合唱!今日の目玉はなんといっても40名を超えるフルオーケストラで童謡名曲の大合唱や、後半のクラシック名曲プログラムでは、年末の風物詩となっておりますベートーベンの交響曲第九番”歓喜の歌”を演奏いたしました。
ザ・ベルカントシンガーズをはじめ、地域で活躍する若手の音楽家らが、今年1年のご支援、ご支持をいただけた感謝の気持ちを歌声を通じて届けたい、その一心で練習に励んだこの曲は、この度も藤原歌劇団女性合唱部のみなさまや、みんなの管弦楽団のみなさまにお力添えをいただいたことにより実際にお披露目することができました。

そしてそして、指導員からはソプラノ前田めぐみ、テノール杵渕亮、バリトン岡田史哉といった面々が地域の皆様の前では初めてソリストに挑戦!
皆様の温かい拍手の中、無事に合唱会を納めることができました。
合唱会や、特別プログラムの様子は、童謡コーラスみんなのブログやみんなの音楽会のブログにそれぞれ詳しく載っています!

前半、メインプログラムの様子はこちら!

年忘れ&歌い納め大合唱会2019〜埼玉公演

そして、後半特別プログラムの様子はこちらです!

年忘れ&歌い納め大合唱会2019〜埼玉公演「特別プログラム」

タクトを振りましたのは私、和田丈広でした。ステージ上で指揮を振っている時はほとんどが後ろ向きなのですが、気持ちの上では常に前向き、2019年みなさまのご支持ご協力に全身全霊で感謝の想いを表現させていただきました。会場いっぱいに響きわたる歌声と、温かな雰囲気で素敵な公演となりました。
みなさま、今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。
和田丈広